植物資源創成システム研究室

植物資源創成システム研究室

環境制御による有用植物生産と有用物質の生物生産
access : 106555

植物を利用して有用物質を創る / 環境を制御して有用植物を育てる

植物工場で有用な植物を生産する

植物工場とは「ハイテクを利用した植物の周年栽培施設」のことで,植物の成育に関係する,光,温度,湿度,CO2ガス濃度,肥料成分など,あらゆる環境要素を制御することができる栽培施設です。私たちは有用な植物を植物工場で生産するための研究をしています。

植物工場
薬用植物の栽培と組織培養

薬用植物は薬になる成分を植物全体や根に蓄積する植物のことで,様々な医薬品の原材料に利用されています。私たちは,植物工場などで薬用植物を栽培し,薬用成分を高濃度で含有させるための環境条件の解明を行っています。また,より効率的に薬用成分やその他の役に立つ物質をつくるために,組織培養法の研究も行っています。

組織培養
バイオテクノロジーで新しい機能をもつ生物をつくる

私たちが利用している有用な化合物の多くは、植物や微生物によって作られています。このような有用な化合物の合成や蓄積に関わる遺伝子を見つけ,より成長の速い生物に導入することで、新しい機能を持った生物による効率的な物質生産が可能になります。私たちは地衣類(ちいるい)薬用植物などを対象に,次世代シーケンサーと呼ばれる最先端の機器を活用して、農業や健康に役立つ遺伝子を見つけ出す研究を行っています。

バイオテクノロジー